プレート収束域の物質科学研究拠点

プレスリリース(ニュースリリース)

研究業績トップページに戻る

クリックすると各記事をご覧になれます

2020年5月18日 第1回HiPeR国際シンポジウム特集号が、日本鉱物科学会国際誌JMPSの特集号「Indian Continent」として掲載されました。

2020年5月18日 北佐枝子主任研究員(建築研)の講演 地震学「スラブ内地震の発生機構に関する観測研究」がYou tubeに掲載

2020年5月3日 小池みずほ助教らの論文が、「Nature Communications」に掲載。火星の隕石に含まれる有機物を発見

    📄[東工大ELSI]

    📄[EurekAlart]

    📄[MMX twitter]

2020年3月4日 富岡客員教授参画の論文が、「Scientific Reports」に掲載。海底マンガン鉱床の生成現場をとらえることに成功

2019年11月20日 薮田ひかる教授「はやぶさ2支える研究者」の記事が日本経済新聞に掲載

2019年10月7日  川添貴章助教参画の論文が、世界最高の地球科学の学術雑誌「Nature Geoscience」に掲載。地球マントル主要鉱物の高圧相転移を超高精度で決定 ~地球マントル660km不連続の成因を解明

2019年8月5日 富岡客員教授参画の論文が、「Scientific Reports」に掲載。1億年前に形成した海底下深部の溶岩から生命生存可能性を示す鉱物を発見

2019年7月25日 薮田ひかる教授参画の論文が、「Geophysical Research Letters」に掲載。突蒸気雲の気相化学分析手法を開発 ―二段式軽ガス衝撃銃の50年来の弱点を克服

2019年3月20日 木村光佑研究員、早坂康隆准教授らの研究グループが日本最古の岩石を発見

2019年1月30日 日本列島直下に沈み込むプレート内の水の挙動がスロー地震発生に関係 - 南海トラフでのスロー地震のメカニズムの理解へ道筋 -

2018年12月25日 粘土鉱物の摩擦の起源を原子スケールから解明 ~原子間の静電的な力が支配 断層運動の仕組み解明にむけた指針として期待~

2018年7月14日 地球深部探査船「ちきゅう」船上におけるオマーン陸上掘削コア記載(第2期)の開始 ~かつての海洋地殻-マントル境界連続掘削孔から現在の海洋モホを検証する~

2018年5月31日 富岡客員准教授参画の論文、英国科学雑誌「Nature」に掲載。白亜紀末の巨大衝突クレーターによる生物大量絶滅後、わずか数年で命が復活した証拠を発見

2018年5月7日 富岡客員准教授、宮原准教授が参画の論文が、米国科学誌「Science Advances」に掲載。月の地下に大量の氷が埋蔵されている可能性を発見

2017年10月   畠山航平さん、片山郁夫教授らの研究グループ、海水の減少を示唆する海洋プレートの含水モデルを提唱!

Contents

  • 広島大学
  • 地球惑星システム学専攻

▲ このページの先頭へ戻る

広島大学 プレート収束域の物質科学研究拠点

連絡先